安全安心活動 safety & security

2017 12 01
その他

「帰宅困難者退避誘導訓練」(OBP北ブロック)を実施しました。

昨年に続き、地区内連携による帰宅困難者退避誘導訓練。

11月21日(火)、2016年に続き2回目の地区内連携による「帰宅困難者退避誘導訓練」を実施しました。前回は南ブロックが対象でしたが、今回は大阪ビジネスパークの北ブロックを対象とし、380人の方に参加いただきました。

 

訓練の実施概要

日時:20171121日(火)14時~16

会場:大阪ビジネスパーク・ツイン21南プラザ

災害対策本部:ツイン21南プラザ

参加ビル:OBP北ブロックの5

 避難場所:ツイン21南プラザ

参加者数:総数380

(ビル連携防災訓練参加者200)

【ビル連携防災訓練参加者除く180人の内訳】

・退避訓練参加者/124(うち桜宮連合22)

・訓練運営スタッフ/25人、展示協力/26人、

・行政協力(中央区・都島区)/5人

帰宅困難者避難訓練2017年11月21日

訓練の内容及び進行

帰宅困難者避難訓練2017年11月21日

結果概要

14時に発災、その後各ビルとも火災や安全点検のため一斉に退避する必要が生じた想定のもと、

OBP北ブロック5棟のビルより計102

が退避する訓練を行いました。

また、桜宮連合町会の協力により、外部からの帰宅困難者の受入れを想定し、OBP地区外北側のより22人が退避を行いました。

帰宅困難者避難訓練2017年11月21日


帰宅困難者避難訓練2017年11月21日


 

富士通

読売テレビ

東京海上

KDDI

マルイト

桜宮連合

合計

出発時刻

14:07

14:07

14:22

14:19

14:17

14:02

 

到着時刻

14:13

14:15

14:28

14:25

14:23

14:15

 

所要時間

6分

8分

6分

6分

6分

13分

 

人数

18人

21人

19人

19人

25人

22人

124人

テントの設営訓練

ツイン21南プラザを一時的な退避場所と設定し、テントを6張(参加5社及び外部帰宅困難者用)設営する訓練を行いました。

(設営は訓練参加者が行いました。)

帰宅困難者避難訓練2017年11月21日

炊出し訓練

NECの協力により、同社の災害時用かまどを用いてお湯を沸かし、各社テントごとにアルファ化米の炊き出し、試食を行いました。

帰宅困難者避難訓練2017年11月21日

情報収集・配信訓練(インフラレス通信アクセスポイント検証実験)

無線機を使った中央・都島区役所との情報伝達や、被災状況現地確認派遣による情報収集を行いました。

また、NECの協力によりインフラレス通信アクセスポイント(ILC-AP)を用いてサイネージに情報配信を行う検証実験を行いました。

帰宅困難者避難訓練2017年11月21日

帰宅等判断訓練

訓練参加者に対して、発災後4時間経過を想定した状況付与を行い、その後の各自の行動について考える判断訓練を行いました。

【付与した情報】

・各ビルの被災状況

・一部鉄道等が復旧、

・津波浸水エリアなど、

・周辺の災害情報

・近距離は徒歩帰宅可能など

帰宅困難者避難訓練2017年11月21日

防災関連の各種デモ・展示

KDDI≪災害対策アプリのデモ等≫
KDDI≪災害対策アプリのデモ等≫

NEC≪災害対策支援システムのデモ等≫
NEC≪災害対策支援システムのデモ等≫

パナソニック防災関連商品のデモ・展示
パナソニック≪防災関連商品のデモ・展示≫

大阪市危機管理室大阪市防災アプリのデモ
大阪市危機管理室≪大阪市防災アプリのデモ≫

東警察署≪救助資機材の展示等≫
東警察署≪救助資機材の展示等≫

 

カセットコンロのガスで発電する 発電機の利用体験
カセットコンロのガスで発電する 発電機の利用体験

参加者アンケート結果の概要

実施した各訓練について、概ね半数以上が「良かった」と回答。

また、「問題あり」との回答として、今後の訓練や災害対策へ反映すべき指摘がありました。