ダイバーシティ推進準備会 diversity

2019 5 31
インタビュー

働くパパ・ママと、まちが子ども達を育む保育園が開園1周年

大阪東京海上日動ビル・サンクンガーデンに、20184月に開園した学校法人慈光学園OBPキッズオアシス
天気が良い日は、行き交うビジネスパーソンに交じって、お散歩へ出かける園児たちのかわいい姿を見ることができます。
OBPが「子どもと大人がふれあうまち」としての一面を持つようになってから1年が過ぎた今の様子をレポートします。



パパ・ママに嬉しい自由度の高さで園児数も増加

企業主導型保育事業の保育園として生まれたOBPキッズオアシスは、開園当初は5名の園児をお預かりするところからスタート。
その後は自由度の高さが口コミで広まり、現在は15名の園児たちが元気に通園しています。

働くパパ・ママにとって一番嬉しいのは、お迎え時間の急な変更にも対応してくれること。開園時間も7301800(延長は1830)となっていることから、「急にお客様のアポイントが入った!」「午前中にある会議の準備が」という時でも安心して仕事に専念できます。

また、認可保育園と同等以上の保育士の人数や施設の充実度も大きな魅力。
とくに1人あたり保育士の数は、他園と比較しても手厚い体制を取っており、保育理念にある「一人ひとりの個性を伸ばせる保育」を実現しています。

さらに、電車通勤の方を中心に好評なのが「手ぶらセット」。
おむつや着替えなど毎日の保育で必要となるものを園が用意してくれるオプションサービスです。
これがあれば、長時間の電車通勤でも毎日の荷物が少なく済むことから、利用する方が増えています。



“パパと登園”が日常の光景

OBPキッズオアシスは、場所がら「子どもと一緒に出勤する」方が多くいるのも特長の一つ。
毎日のように電車で通園することで、パパ・ママやまわりの大人の姿から社会のマナーを自然に学べるといったメリットもあります。

そんな登園時には、「パパがだっこひもをしたり、お子さんと手をつないだりしながら出勤されている姿も。
日頃はママに子育てをまかせっきりになっているパパも、毎朝一緒に登園することで、子どもと向き合える時間になっています。
また、お仕事帰りには、パパ・ママとお子さまが一緒に帰宅するという方も増えているようです。

こうした幸せな家族のようすも、OBPならではのものであり、新しいまちの風景といえるでしょう。

 

お城や桜が楽しめる安全な環境がすぐそばに

OBPといえば、城見1丁目、2丁目という住所にもある通り「お城が見える場所」であること。大阪城公園がお散歩コースというのも、OBPキッズオアシスの魅力といえます。春は梅や桜、秋はイチョウ並木など美しい自然、そして大阪城を身近に眺めることができる環境は、心を豊かにする教育の提供に大きく役立っています。

 また、OBPキッズオアシスの保育園がある東京海上日動ビルディング・サンクンガーデンは、ビルのオープンスペースにある憩いのスペース。自転車が通ることもなく、ビル警備員が1時間毎に巡回していることもあって、園児も安心して遊ぶことができます。三輪車やシャボン玉遊びなど、屋外でしかできない遊びができるのも魅力ですね。

 さらには、ハロウィンにあわせて園児がパパ・ママのはたらく職場へ訪問。「トリック・オア・トリート」といいながらお菓子をもらう愛らしい姿に、大人たちも自然と笑顔でふれあえる温かなひとときとなりました。





地域との融合に力を入れたい

開園1周年を迎えた今、OBPキッズオアシスが力を入れるのは、地域との連携。「OBPではたらく皆様には、企業連携いただいていることやお散歩のようすなどで園の存在を知っていただいていますが、OBP周辺地域の方にも知っていただきたい」(須藤園長)と、地域に開かれたイベントとして「保育園開放」を毎月行っています。このときは遊びなどを通して地域の子ども達、またパパ・ママにも楽しんでもらいながら、保育園の魅力を伝えていく機会としています。

 

 

開園によってOBPを子どもと大人がふれあえる人に優しいまちへと発展を遂げてきたOBPキッズオアシス。今後はさらに地域とのつながりの輪を広げながら、すべての人が活躍できるまちへと変化していくことが期待されます。

 

 

<ママの声>

恵まれた環境で、社会性まで身につく保育園

11月から利用していますが、何より魅力を感じたのは「お城や公園が身近にある」ということ。お散歩をしながら歴史や自然を感じられる環境は本当に恵まれているなと思います。

また、観光に訪れた方との出会いがあったり、通勤時にたくさんの大人と出会ったりして、マナーやコミュニケーションの取り方も学べているなとも思うことがあります。社会性が早い時期から身につけられるのも、この保育園ならではだと思いました。
トラコム株式会社にお勤めの伍用さん・あゆむくん)



取材先:
学校法人慈光学園OBPキッズオアシス
〒540-8505 大阪府大阪市中央区城見2-2-53 
大阪東京海上日動ビル サンクンガーデン