ダイバーシティ推進準備会 diversity

2020 5 09
活動報告

すべての人が「働きやすい」まちに ~OBPワーカーアンケートより~<上>

 OBP協議会では、まちづくりに女性の意見を取り入れることを目的として、

2年前に「ダイバーティ推進準備会」を設立し、エリア内企業の女性が集って議論を重ねてきました。

また、イベントやブログメディアの記事を通じて、
OBP内で多様な働き方をされるワーカーや企業の取り組みを紹介し、情報発信して参りました。

 

今回は集大成として、当会にメンバーとして参加している会社の女性ワーカー(以下、女性)と、株式会社スミセイハーモニーの障がい者ワーカーの方たち(以下、ハーモニー)にご協力をいただき、アンケートを実施しました。
内容は通勤の状況や街の環境に関するもので、全員で150名を超える皆様に回答いただきました。

心より御礼を申し上げます。

 


記事では上・下の2回に分け、ご回答いただいた内容についてレポートします!

 

◆通勤状況やまちの環境について意見を聞く

 

アンケートは回答用紙にご記入いただく形で、2019年末から実施。主な設問は下記の通りです。

     ①退社時間は?

  ②OBPへ通勤する際に利用する駅は?

  ③OBPの環境についてはどう思われますか?

  ④OBP内にあったらいいなと思うお店はありますか?

  ⑤屋外にあったらいいなと思うものは?

  ⑥OBP内の道路等について気になることはありますか?

  ⑦OBP内の他の企業の方と交流したいと思いますか?

 

①~③については選択肢のなかから選んでいただく形式、④~⑦は自由にご記入いただきました。まずは①~③について、見ていきましょう。

 


◆駅は京橋だけでなく、「大阪城公園」「大阪城北詰」の利用も

①の退社時間については、アンケートでは残業が少なめになっている傾向が見られました。
女性では午後67時台、時短勤務も一部取り入れられているハーモニーでは午後56時台が多い結果となりました。

 

つづいて②の利用する駅について、鉄道会社発表の乗降客数では京橋駅が圧倒的に多数となっていますが、
大阪城公園駅の利用も一定数ありました。また、ハーモニーからの回答では、大阪城北詰駅が意外と多いこともわかりました。

 

結果について当会メンバーからは「事業所の立地によっては大阪城公園駅の方が距離も近い」
「エレベーターなどの設備、駅から職場までの段差や通いやすさで大阪城北詰駅が選ばれるのでは」など意見が挙がりました。

 

 

◆距離はあるが、景色が美しいプロムナード

③については、美しい街並みや身近に感じる緑の多さ、水面が輝く寝屋川の存在など、
環境の良さをポジティブに感じられている意見が多数寄せられました。

 

一方、共通した回答として多かったのは、プロムナード(正式名:大阪城京橋プロムナード)について。
寝屋川の川面や川沿いの並木道、対称的な都会感を醸すビル群のコントラストが美しい風景を眺めることができますが、
京阪京橋駅からOBPエリアまで300メートル、歩くと5分程度かかってしまうという距離の長さに、移動の大変さを感じている方が多いようです。

 

また、実際に毎日利用されている方の意見としては、

 ・階段が多い

 ・行きたい場所によっては遠回りになる

 ・わずかだが勾配がある

 ・開放的だが、風が強くて冬は寒い

といった具体的な内容が寄せられました

 

こうした理由もあって、OBP内で利用できる店舗が充実していればと思う方も多く、④の回答では

 ・飲食店、ベーカリー、パティスリー

 ・美容院、ネイルサロン

 ・書店、雑貨店

といった意見が寄せられました。

 

また⑤の屋外設備については、

 ・大芝生、ベンチなど座れる場所

 ・キッチンカー

など、ランチや休憩を意識した意見が多く寄せられました。ツインタワーの周囲では、これらを意識したリニューアル工事も行われていますが、さらに充実していくと嬉しいですね。

 


◆道路の「暗い」「滑りやすい」箇所に注意

⑥については、ハーモニーから多数の回答をいただきました。歩きにくさや不安を感じられる箇所は、いずれも実際に通行されているからこそ気付かれるものであり、貴重なご意見として集約させていただきました。共通点としては、「暗い」「滑りやすい」という問題点が浮き彫りになりました。

 

それでは、暗いという回答があった箇所にいってみましょう!

まずは、京橋大阪城プロムナードから大阪城公園へとつづくパークアベニューです。

 

 

1年前には讀賣テレビの新社屋が竣工前だったこともあり、IMPビルから大阪城公園までの道路はどうしても暗くなっていました。いまは建物は完成し道路も含めた周辺が明るく生まれ変わっていますね。

 

一方でツインタワー側は、1階にあるお店の照明が道路の明るさを左右するので、暗くなってしまう場所があります。

 

もう1カ所、アンケートの回答で多かったのが大阪城公園駅へと向かう道路です。

ここは街灯の少なさが原因なのではないでしょうか。

(大阪城公園へ向かう道路の写真)

 

次に、滑りやすい箇所です。これは写真を見れば一目瞭然ですが、OBPの中心部でもあるIMPビルとツインタワーの交差点ですね。

(交差点の写真)

ここは一般的なアスファルトで舗装された道路ですが、

  ・所々水たまりがある

  ・信号が変わるタイミングで走ってしまう場所でもある

  ・IMPビル、ツインタワーの両敷地内にはいると、急に道の材質が変わる

といったことで、対応しきれなくなって滑ってしまう方が少なくありません。

 

そうならないための改修・改良も大切ですから、今後はこれらアンケートの回答結果を関係各所へ報告していきたいと考えています。

 

<下>につづく)